【ロト6予想・攻略法@情報館】確率・攻略の謎をとく


ロト6に関する情報をご紹介

【ロト6基礎情報】

配当金の計算

ロト6における配当金について詳しく解説していきたいと思います。この場合、人数割りをして計算されていきます。
そこから、100円未満を切り捨てるといった除去法から成り立っており、しっかりとした当選金が決定するのです。
まずは売り上げが鍵を握ってきます。とあるロト6の売り上げがわかりやすく、10億円だっとしましょう。

そうするとまずは、5等当選口数を見ていきます。5等における当選が15万口だった場合であれば、その配当金は次のような式から求められます。
つまり、15万×1000円=1億5000万円ということになるのがおわかりいただけるかと思います。
そこから残りの10億円-1億5000万=8億5000万というものが、残りの等級に反映されるわけです。
そこから示しだされている配当率から計算されて、配当金が決定するというシステムとなっています。
つまりこの例で1等の配当金を計算してみますと、8億5000万×25.428%(配当率によるもの)ということになりますから、2億1613万円8000円ですね。

ただし、これはあくまでも例なので、開催ごとで当選金が異なってくることをしっかりと理解しておいてください。
またキャリーオーバーするかどうかにおいてですが、1等当選口数によることが非常に多い状況となっています。
しかしながら、実は5等当選口数というものが鍵を握るということも理解いただけたかと思います。
いずれにしても、これらがかなり影響しているわけであって、当選数がすくなければ、それだけ当たればもらえるという計算になるわけです。
とはいえ、5等は結構な確率で当たりますから、自然と多くなります。なので予想は難しいかと思いますね。

▲このページの上部へ