【ロト6予想・攻略法@情報館】確率・攻略の謎をとく


ロト6に関する情報をご紹介

【ロト6基礎情報】

当選金が決まる仕組み

ロト6の当選金にはまだまだ疑問を持ってる方も多いかと思います。特にそれらはどのようにしてきまるのかといった問題です。
それに宝くじだからこそ、それぞれの選定があるのかと思っている方もいるかもしれませんが、大抵は基礎的なものは同様です。
そこで今回はロト6における当選金の決定について詳しく解説していきたいと思いますので、参考にしてみてくださいね。

まず最初にいっておかなければならないこと、それが売上金の45%が当選金に回されるということなのです。
なんだ全部ではないんだ・・・と思われた方もいるかもしれませんが、全部まわしたら、宝くじがいつまでも続いていません。
人気で誰もが買うからこそ、それに伴う事業などに使われているわけです。多くの人が集中するわけですから、運営も大変なのでしょう。
ロト6は、5等が\1,000で固定となっていますから、ここから売上金の45.0%、つまり5等分の配当金を引き算する流れとなります。
そうすることによって、残りの金額を割り出すことができ、当選金というものが決定していくわけです。

1等では25.428%の配当率となっており、2等22.885%、3等27.462%、そして4等 4.225%という計算になります。
このように決してロト6は適当に配分がされているわけではないことがわかります。しっかりと基準値に応じて、配当される仕組みになっているのです。
各等級ごとの配当金を決めて、当選金が発表されていくわけです。少ないときもあれば、多いときもある。これが宝くじ、そしてロト6なのです。
ですからねらい目としては、キャリーオーバーは発生しているときかもしれませんね。もちろん購入する人々で倍率はあがりますが、当たれば千金となるわけです。

▲このページの上部へ